ネットでの風評被害攻略サイト・完全版

恐怖の風評被害事例についてもっと調べてみた!

ネット社会において、風評のもたらす影響は極めて大きなものです。
風評、つまり口コミからは、商品やサービスの購入・利用前にはなかなか知ることのできない、すでに当該商品などを購入・利用した消費者のホンネが垣間見えるのです。

例えば、行ったことのないレストランへ行く時、ネット上の口コミで高評価がついていれば、行きたい!という気持ちが高まりますよね。
このように、他の消費者の「ホンネ」は、私たちの商品購入などを後押ししてくれるものです。
現在では就職や転職といった人生の重大な選択の場面においてもネット上の口コミが活用されています。それほど、口コミが持つ力はとても大きくなっているのです。

しかし一方で、口コミは必ずしもポジティブなものばかりではなく、「A食堂のご飯はまずい」とか「B株式会社はブラック企業だ」というようなネガティブなものもあります。
このようなネガティブな口コミには、正当であり、消費者の役に立つ内容のものももちろんあります。しかし、中には事実無根の口コミもあり、それらを放置しておくとお店の売り上げや信用などに大きな悪影響が及んでしまうことになります。
さらに、口コミ(風評)の影響を受けるのは企業やお店だけではありません。私たちのような個人にも、風評によって人生を左右されかねない場面が生じます。
口コミによる悪影響、つまり風評被害の最も有名な例は、2011年の東日本大震災後のものです。個人の場合、被災地からの避難民が「放射能がうつる」などとして公共交通機関の乗車拒否やいじめの被害を受けたことです。また、農作物などの販売者も、農作物に放射能による汚染があるとの風評で売上減少に見舞われました。

この他にも多くの風評被害があります。これから、いろいろな風評被害の事例と、風評被害の対策の方法を一緒に見ていきましょう。

おすすめリンク

商品名と楽天SEO対策

楽天SEO対策を考える上で、出品する商品の名前も重要です。SEO対策になる名前の考え方とは?